(2015年5月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

英首相、全国で地方分権推進を約束、スコットランド独立否決

5月7日の総選挙で予想外の決定的勝利を収めたデビッド・キャメロン首相〔AFPBB News

 アンゲラ・メルケル氏が2013年に再選された時、世界は同氏の成功をドイツで物事がうまく行っている兆候だと見なした。だが、先週の英国総選挙でのデビッド・キャメロン氏の決定的勝利は、海外でそれよりずっと懐疑的な報道をされている。

 米ワシントン・ポストの見出しは「選挙は英国をリトルイングランドになる道へ導くかもしれない」と宣言した。

 米ニューヨーク・タイムズのあるコラムニストはさらに上を行き、「英国の自殺」と書いた。

 一方、多くのヨーロッパ人は、新キャメロン政権が確実に英国が欧州連合(EU)を離脱すべきかどうかを問う国民投票を実施することになったことに唖然とし、腹を立てている。そしてスコットランド国民党(SNP)の躍進と、それが英国の結束に与える潜在的な影響は全世界で注目を集めている。

 あるインド人アナリストはとがめるように、「国が分裂の瀬戸際にある時に、なんで英国はまだ自国が大国だなどと主張できるのか?」と筆者にこぼした。

英国のEU離脱とスコットランドの英国離脱

 英国左派の一部はこの幻滅感を共有しており、選挙での自分たちサイドの敗北を深刻な国家的病の確かな兆候と解釈している。英国の総選挙は深刻な問題を抱えた国を露見させたという議論を展開するのは容易だ。だが、この議論は間違ってもいる。

 もちろん、英国のEU離脱(Brexit)とスコットランドの英国離脱(Scexit?)はどちらも起こり得る。

 しかし、今から5年後、この新政権が任期を終える時に、英国という連合王国がまだ1つのまとまった国であり、まだEU加盟国である可能性の方がずっと高い。また、英国は世界で最も外向的な国の1つであり続けるだろうし、西側諸国で屈指の高成長を維持している公算が大きい。