(2015年5月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

英総選挙、保守党が単独過半数で勝利 キャメロン首相続投

世論調査の予想を覆し、単独過半数を獲得した保守党のデビッド・キャメロン首相と夫人〔AFPBB News

 英国の世論調査会社が前回これほど予想を大きく誤ったのは1992年だった。ジョン・メージャー氏の勝利は欧州の惨事の前兆だった。その数カ月後、英国が欧州為替相場メカニズム(ERM)から脱退したのだ。

 それから23年を経た今回の選挙の衝撃は、英国の欧州連合(EU)脱退という新たな欧州危機の前触れとなるのだろうか。

 先週の総選挙で2017年までにEU加盟継続の是非を問う国民投票を公約しているデビッド・キャメロン首相が勝利を収めたことについて、欧州の観点から、筆者は4つの結果を見て取れる。

 1つ目は、国民投票までの長引く不確実性だ。英国のEU加盟を支持する向きは、自分たちの意見が多数派であることを示す世論調査に慰めを見いだしている。自分で自分をだましてはいけない。こんなに早い段階で国民投票の結果を予想できる人は誰もいない。それに、先週の出来事の後で、一体誰が世論調査を信頼するのか?

難航が予想される交渉

 それよりも、政治的な力学に目を向けた方が有益だ。ここに見て取れるのは、復活したスコットランド民族主義と、それに対して生じ得るイングランドの反動だ。これはEUの大義のためにならない組み合わせである。

 キャメロン氏はもう連立相手と立場を調整する必要がなくなったかもしれないが、同氏はぎりぎり過半数を確保した程度で、保守党内のEU懐疑派の立場が強くなる可能性がある。

 これが第2の結果につながる。交渉は簡単には済まないということだ。一連の交渉は現在のEUとギリシャの交渉にも増してアクシデントに見舞われやすい可能性がある。