(2015年5月8日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

ハーバード大の黒人学生、人種ステレオタイプにブログで挑戦

近年、教育費は急激に膨れ上がってきた(写真は米ハーバード大学の卒業式の様子)〔AFPBB News

 今から10年前、米国の消費者は地球上で最も債務中毒に侵された人たちのように見えた。だが、2008年以降、かなり驚くべきことが起きた。米国のクレジットカードや住宅ローン債務の水準が低下しているのだ。

 だが、この傾向には1つ明らかな例外がある。学生ローンである。学生ローン債務の残高は過去10年間で3倍近くに膨れ上がり、1兆3000億ドルに達した。

 そして、法律は学生ローンから逃れるのを比較的難しくしているが、デフォルト(債務不履行)も目立って多い。

 この数字を測定する方法はたくさんあるが、米教育省は、2011年に学生ローンの返済を開始するはずだった米国人のデフォルト率が昨年13.7%だったと報告している。

 この数字は前年(14.7%)よりわずかに低いが、1990年半ば以降の水準よりはるかに高く、クレジットカードのデフォルト率を上回っている。

サブプライムローン危機との「不気味な類似点」

 だが、この数字は問題を実際より小さく見せているかもしれない。

 財務省借入諮問委員会(TBAC)は昨年末、実際のデフォルト率(TBACのデータに基づく数字)はわずか9%だったが、「影」のデフォルト率――完全には報告されていない債務の「返済延滞」――が23%に達している可能性があるとする報告書を公表した。他のエコノミストらも同様の試算をしている。

 これは問題だろうか? 財務副長官のサラ・ブルーム・ラスキン氏によれば、その答えは「イエス」だ。ラスキン氏は5月初め、ワシントンで開かれた金融関連会議で、学生ローンの状況とサブプライム住宅ローンとの間に、現在、「不気味な類似点」が見られると述べた。