(英エコノミスト誌 2015年5月9日号)

政権の座に就いてから100日、ギリシャの新政府は悲惨な失敗を重ねるばかりだ。危機は間近に迫っている。

ギリシャ政府、改革案の提出を延期 支援延長の条件

ギリシャのSYRIZA政権を率いるアレクシス・チプラス首相〔AFPBB News

 ここ数カ月、アテネにあるB&Mテオカラキス財団の展示室には、かつて自由を求めるギリシャに欧州が示した支援を思い出させる作品の数々が飾られている。「親ギリシャ主義(フィルヘレニズム)」と題されたこの展覧会は、ギリシャが独立をかけてオスマン帝国と戦った際に、英国の詩人バイロンに代表されるロマン派の人々が示した物心両面の支援を物語っている。

 この展示の現代に通じる意義は明らかだ。展示作品を夫のミハリスさんと共に所有しているディミトラ・バルカラキスさんが、子供たちを案内して回る中で1枚のドイツ絵画を指さすと、ある女の子が立ち止まってこう言った。

 「私たちはドイツとケンカしているんじゃないの?」「そんなことはないわ。私たちはみんな友達よ」と、ディミトラさんは答えたという。

 このエピソードを振り返りながら、彼女は真顔で筆者を見つめた。「ヨーロッパ人は、愛し合わなくてはならないわ」

SYRIZA政権に期待することが、そもそも無理だった?

 一部のヨーロッパ人が、最近では話し合いをすることすら難しくなっていることを考えると、ディミトラさんの掲げる理想は実に崇高だ。

 ギリシャのヤニス・バルファキス財務相は、大荒れとなった4月24日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の後、ユーロ圏で自らに向けられている敵意はむしろ望むところだと言い放った。