(英エコノミスト誌 2015年5月2日号)

今回の選挙は英国にとって破滅的だ。英国は破滅する運命にあるのかもしれない。

テムズ川岸で居眠り、川に落ちた男性救助される 英ロンドン

きょう5月7日に実施される英国総選挙は、英国の未来を大きく左右することになるかもしれない〔AFPBB News

 この荒れた、焦点がばらばらの選挙は本来、経済が争点になるべきだ――そして、もし保守党が経済問題に関する支持率が保証しているように見える勝利をつかんだ場合には、結局、経済が争点だったということになるかもしれない。

 だが、未来の歴史家はむしろ、今回の選挙戦の過程でイルカの肝臓の中の有害水銀のようにほとんど気付かれないまま蓄積していった実存的な問題を思い起こすかもしれない。

 誰が英国人になることを望んでいるのか。英国は何のために存在するのか、という問題である。

 未来の歴史家は間違いなく、分離独立派のスコットランド民族党(SNP)のせいで、スコットランドの連合支持派が大敗したことに驚愕するだろう。世論調査が半分でも正しいと仮定すれば、その結果、300年続く、かつて大いに成功した英国の国家連合が極度に弱体化したように見えるようになる。

台風の目となるスコットランド民族党

 あらゆる立場の政治家がこのテーマについて話しているが、総選挙まであと1週間に迫った時点で、あまりに偏向的な議論を繰り広げているために、英国の将来に関する本当の問題は、歪められているか、無視されている。

 保守党は心中、他人の不幸を喜びながら、労働党は英国をバラバラにすることに専念している政党の支持を得なければ政権を樹立できないと警告している。それは恐らく事実だろう。SNPは40議席以上押さえ、英国の第3党になる可能性が高そうだ。

 SNPが第3党になった場合、それは労働党の一部が不可解にも示唆するように、スコットランド問題について激しい非難の声を上げ、結果としてスコットランド人をSNP陣営に追いやった保守党の責任ではない。