(2015年4月8日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

中国軍に新たなハッカー部隊、宇宙産業にサイバー攻撃か 米社

急成長を続けてきた中国経済。成長の鈍いニューノーマルは、どんなものになるのか(写真は上海)〔AFPBB News

 中国の当局者はスローガンが大好きだ。筆者は先月、中国政府の最高幹部や世界の企業関係者、政策に携わる識者が集まる年次総会「中国発展ハイレベルフォーラム」でこのことを思い出させられた。今年のスローガンは「ニューノーマル(新常態)」だ。

 ニューノーマルは(筆者の知る限り)、マッキンゼーが2009年に初めて打ち出した概念だ。

 高所得国に住む人は今、自国経済のパフォーマンスが根本的に変わったという考えに慣れている。だが、中国人にとっては、ニューノーマルは何を意味するのだろうか。

 中国の副首相で共産党中央政治局の常務委員である張高麗氏は同フォーラムで、ニューノーマルを以下のように表現した。

 第1に、成長率の低下にもかかわらず、「発展は依然、中国にとって最大の課題だ」。第2に、「大量の投入物、大量のエネルギー消費、外需への過剰依存を特徴とする古い成長モデルは、もはや持続し得ない」。第3に、中国人はまだ重要な「戦略的な機会」を享受しており、それゆえ「我々の将来について完全に自信を持っている」。

 我々も同じくらい自信を持つべきなのか。筆者はその答えが「イエス」であるべき大きな理由を2つ、また、答えが「ノー」かもしれない理由を2つ挙げることができる。

過去の実績とポテンシャルを考えれば盤石にも思えるが・・・

 答えがイエスであるべき最初の理由は、過去の実績だ。国際通貨基金(IMF)によると、中国の1人当たり国内総生産(GDP、購買力平価ベース)は1980年に米国のレベルの2%強だったものが、昨年は24%まで増加した。中国ほど巨大な国がこれを達成したことは驚異的だ。

 中国の政治をどう評価するとしても、このような成功の根底にある能力、世界を経済的に一変させ、政治的に一変させようとしている能力は認めなければならない。

 答えがイエスであるべき2つ目の理由は、中国がとてつもなく大きな強みとポテンシャルを持っていることだ。