(2015年4月6日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

イラン核協議が再開、ハメネイ師が譲歩に警告

イラン最高指導者のアリ・ハメネイ師〔AFPBB News

 故ルホラー・ホメイニ師は1988年のイラン・イラク戦争の停戦に同意した時、その悲痛な決断を「毒を飲むより辛い」と表現した。勝利するまで戦うという誓いは8年間の流血と経済的窮乏によって打ち砕かれ、「イスラム共和国の利益のために」折れることを余儀なくされた。

 ホメイニ師の後を継いで最高指導者になったアリ・ハメネイ師は今、同じように重大な選択を迫られており、毒杯を仰ぎ、イランを孤立と経済難から救うために自身の核開発計画の大半を放棄しようとしている。

 先週のスイス・ローザンヌでの核合意の直後、イラン政府は勝利を宣言したが、どれほどのメディア操作をもってしても、核抑止力の達成を最優先事項としていたイスラム政権の大幅な譲歩を隠すことはできない。

核協議で大幅に譲歩したイラン

 イランはウランを濃縮する権利を保持し、核施設の完全解体を回避した。だが、この10年間に喧伝された進歩は劇的に覆され、厳格な制限と監視に取って代わられる。残る合意の詳細が6月の期限までに首尾よくまとまれば、ハメネイ師はこれまでで最大の試練を迎え、核合意の影響に対処することになる。

 確かに、ハメネイ師が国民の幅広い支持を得る核合意を支援すれば、その指導力の正当性をある程度取り戻せるだろう。

 核合意がイラン経済を荒廃させた制裁の緩和をもたらし始めるにつれ、ハメネイ師はハサン・ロウハニ大統領に浴びせられる国民の称賛の一部を享受することになる。