(2015年3月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 「卑劣な殺人」、米大統領がネムツォフ氏射殺を非難

2月28日、ボリス・ネムツォフ氏の遺体が入れられた袋が置かれたモスクワ中心部のボリショイ・モスクボレツキー橋〔AFPBB News

 政府が路上で反対派を殺し始める時、一線を越えて、蛮行へ踏み込んだことになる。

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は好んで、ウクライナ政権をファシズムだとして非難する。

 だが、1930年代のロシアとドイツの政治を本当に彷彿させるのは、プーチン氏がかき立てている攻撃的で自己憐憫的なナショナリズムだ。これが国内の反対派の迫害、そして今や殺害と関係している。

何人も殺害されてきた反対勢力

 クレムリン(大統領府)から見える場所で野党指導者のボリス・ネムツォフ氏が射殺された事件については、外部の人間は、プーチン氏が殺害を命じたのかどうか知りようがない。

 しかし、プーチン氏と同氏の支持者たちが、ネムツォフ氏暗殺を許容可能にした国家主義的な妄想の雰囲気を作ったのは間違いない。国営テレビは繰り返し、ウクライナにおけるロシアの戦争を批判してきたネムツォフ氏に「裏切り者」のレッテルを張った。

 ネムツォフ氏は死ぬ数週間前に、ロシアの新聞に「プーチンに殺されるのではないかと思う」と語っていた。その不安は無理からぬものだ。なぜなら、プーチン大統領を声高に批判する人は死ぬ羽目になる傾向があるからだ。

 そうした人の中には、2006年にモスクワで射殺された調査報道ジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤ氏や、同じ年にロンドンで毒殺された元ロシア諜報員のアレクサンドル・リトビネンコ氏が含まれる。

 リトビネンコ氏の死に対する審問が現在ロンドンで行われている。勅選弁護士のベン・エマーソン氏は冒頭陳述で、リトビネンコ氏の毒殺に使われた「ポロニウムの痕跡は、ウラジーミル・プーチンの執務室のドアまで真っ直ぐたどれる」と語った。