(2015年2月10日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 自ら志願してウクライナ軍第25大隊長を務めるアレクサンドル・ダシュケビッチ氏は金曜日、8日間にわたって親ロシア派勢力による攻撃を必死に食い止めた後、ウクライナ東部の戦線に位置するニキシノ村とリドカドブ村を警護していた。降ってわいたかのように、突如、部隊に撤収命令が下ったのは、そんな時のことだ。

 第25大隊は数百人のウクライナ兵とともに、さらに北へ行ったところにあるデバリツェボに再配備されることになった。デバリツェボは、ロシアの支援を受けたウクライナ東部の分離主義勢力の支配領土という海に張り出す、キエフの支配下にある半島として存在する戦略的な鉄道の要衝だ。

発電用の石炭供給のカギを握る都市

ウクライナ紛争、欧米が「最後のチャンス」の受け入れ迫る

ウクライナ東部での戦闘が激化している(写真はドネツク地方のブーレヒレスクに残された戦車の残骸)〔AFPBB News

 長期化した泥沼の膠着状態の末に先月末に親ロ派勢力がドネツク空港を掌握したことで、デバリツェボが最前線として浮上し、この戦いにおける大きな転換点になる可能性が出てきた。

 親ロ派がデバリツェボを包囲する日が近いという不安から、先週末にドイツのアンゲラ・メルケル首相とフランスのフランソワ・オランド大統領が停戦調停を試みるために飛行機に飛び乗り、モスクワに向かった。

 デバリツェボの攻防にかかっているのは、ウクライナの発電所と輸出志向の鉄鋼産業が依存している、親ロ派支配地域で採掘される石炭の地域鉄道輸送の支配権だ。

 デバリツェボを制圧すれば、ロシア側は、ウクライナの脆弱なエネルギー部門と不況で疲弊したウクライナ経済を一層麻痺させることができる。また、親ロ派兵士はこれで、デバリツェボから北へ50キロ行ったアルテーミウシクの大規模な武器庫のすぐそばに迫ることになる。

ウクライナにとっての「クルスクの戦い」

 ウクライナ外務省顧問のドミトロ・クレバ氏は 第2次世界大戦時のナチス・ドイツ軍に対するソ戦軍の反攻と比較することで、ウクライナの利害を要約してみせる。

 「スターリングラードがどちらかと言えば象徴的だったとすれば、本当の破壊点はクルスクの戦いだった」。両都市におけるソ連軍の勝利に言及して、クレバ氏はこうツイートした。「我々の状況も、これと同じだ。現時点では、空港は象徴的で、デバリツェボが破壊点だ」