(英エコノミスト誌 2015年1月31日号)

急進左派連合の勝利は、ギリシャのユーロ圏離脱を招く恐れがあるが、ユーロのより良い未来につながるはずだ。

ギリシャ総選挙、反緊縮の急進左派連合が歴史的勝利

1月25日、ギリシャの首都アテネの選挙集会で、集まった支持者らに向け手を挙げる急進左派連合(SYRIZA)のアレクシス・チプラス党首〔AFPBB News

 5年あまり前の地獄のようなユーロ危機は、まさにギリシャから始まった。だから、ギリシャが今、大詰めが演じられるであろう舞台となっているのは、古典的な意味でふさわしいことだ。

 最終幕のお膳立てをしたのは、1月25日のギリシャ総選挙でアレクシス・チプラス氏率いるポピュリスト政党の急進左派連合(SYRIZA)が演じた大勝劇だ。

 チプラス氏は、ギリシャの債務の大幅削減を求め、公共支出の大盤振る舞いを公約に掲げることで、欧州の単一通貨にかつてない重大な挑戦状を突き付けている。それはすなわち、欧州に緊縮の道を敷いたドイツのアンゲラ・メルケル首相にとっても最大の挑戦状と言える。

 賭け金は高い。チプラス氏を含め、誰もがギリシャのユーロ圏残留を望むと主張しているものの、いまやギリシャ離脱(いわゆる「Grexit=グリグジット」)の危険性は明らかだ。

 メルケル首相は、2011年から2012年にかけては判断に迷っていたが、その後、ギリシャのユーロ圏残留を支援する決断をした。ドイツのせいでまた欧州が災難に巻きこまれたとの非難を望まなかったのだ。加えて、北部の債権国も南部の債務国も共に、無秩序なグリグジットに伴う混乱が欧州の銀行や自国経済に及ぼす影響を懸念していた。

 だが今回は、オッズが変わっている。ギリシャの離脱がギリシャ自身の責任と見なされる公算は、前回よりも大きい。欧州経済は以前よりも強固になり、ギリシャの債務の80%は他国の政府か公的機関の手中にある。

 何よりも、政治情勢が変化している。フィンランドとオランダは、ドイツと同様、ギリシャが2度にわたる救済時に交わした約束を守ることを望んでいる。そして、南部諸国の中道派政権は、ギリシャの脅しが成功したら、スペインのポデモス党など、自国のポピュリスト野党に有権者の票が流れるのではないかと危惧している。

悪い問いに対する良い答え

 いずれにしても、大きな混乱が生じるかもしれない。だが、おおまかに見ると、考え得る結果は3通りある。良い結果、悲惨な結果、そして妥協による問題の先送りだ。ユーロはこれまで常に痛みを先送りしてきたが、現在の闘いは経済ではなく政治を巡るものだ。妥協は以前よりもずっと難しいだろう。

 強く期待したいところだが、ギリシャと欧州がともに選ぶことのできる良い解決策が1つある。チプラス氏の主張は、2つの大きな点で正しく、1つの点で全く間違っている。