本記事はマネックス証券の米国株 MARKET PICK UP/中国株 MARKET PICK UPを転載したものです。本資料のご利用については、必ず記事末の「ご留意いただきたい事項」をお読みください。当該情報に基づく損害について株式会社日本ビジネスプレスは一切の責任を負いません。

先週の中国株式市場
―冴えない製造業PMIを背景に「滬港通」に失望売りが続きハンセン指数反落―


<先週の概況>

先週の中国株式市場はまちまちでした。ハンセン指数は前週比約2.7%下落し、2万3,437ポイントで引けました。また、上海総合指数は週間で8ポイント高の2,486ポイントとなっています。

先週のハンセン指数は、HSBC中国製造業PMIが予想に届かなかったことに加え、 17日に開始した香港と上海の相互取引が低調なことへの失望が高まり、売りが優勢となり、先々週回復した心理的な節目である2万4,000ポイントを割り込みました。


中国株式市場バリュエーション




業種別リターン



香港ハンセン指数採用銘柄 週間騰落率ランキング



<上昇>

香港ハンセン指数構成銘柄のうち6銘柄が上昇しました。1銘柄が変わらず、43銘柄が下落しました。原油安を背景に売られていた原油採掘の中国海洋石油(CNOOC)や中国石油天然気(ベトロチャイナ)が値ごろ感で買われました。中国蒙牛乳業(チャイナ・メンニウ・デイリー)も上昇し、週間で2%上がりました。

<下落>

一方、17日に開始した上海との証券相互取引が低調で、香港交易及結算所(香港証券取引決済所)には失望売りが続き、週間で10%近く下げました。中国当局が発表した10月の中国主要70都市新築住宅価格が前月に引き続き、低調な内容となったことも重荷となり、中国海外発展(チャイナ・オーバーシーズ・ランド・インベストメント)といった本土系不動産株も売られました。中国インターネット大手の騰訊HD(テンセント)も週間で6%近く下げました。

先週発表された主な経済指標

11月20日 HSBC中国製造業PMI 11月 50.0 市場予想 50.2 前月 50.4

11月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は50.0と、市場予想の50.2を下回り、前月の50.4から小幅に悪化しました。

内訳をみると、新規海外受注(52.8→50.5)と生産(50.7→49.5)は下落した一方、輸入価額(44→45)や生産価格(45.6→46.8)などの価格指数は上昇しました。




今後発表される主な経済指標

特に重要な経済指標の発表はありません。

マーケットビュー
―中国2年4カ月ぶりの利下げを受けて、IPO再開懸念も香港株が反発か―

先週のハンセン指数は週間で2.7%下落しました。HSBC中国製造業PMIが予想より悪化したことや、上海から香港への取引が予想よりも低調となったことが相場の重荷となりました。特に上海から香港への投資額をみると、買いの上限は1日当たり105億元に設定されましたが、その金額を使った売買は日を追うごとに減少しつつあります。初日から買いは上限のわずか16.8%にとどまり、18日には上限の7.6%に減少しました。19日と20日は約2%に落ち込むと21日には1.6%まで低下しました。期待とは裏腹に取引が膨らまないことから失望売りが優勢となり、先々週回復した心理的な節目の2万4,000ポイントを割り込みました。

テクニカル面では、先週ハンセン指数は一時的に800ポイント余り下落しましたが、200日移動平均線(2万3,261ポイント)が相場の下支えとなることが意識され、下げ渋ると金曜日には小幅に反発しました。

また、先週金曜日の夜に、中国の中央銀行である「中国人民銀行」が22日から金融機関が企業に資金を貸し出す際の基準金利を、現在の年率6%から0.4%引き下げて年率5.6%に、預金の基準金利を現在の年率3%から0.25%引き下げて年率2.75%とすると発表しました。中国が金利を引き下げるのは、おととしの7月以来、およそ2年4カ月ぶりです。加えて、ECBのドラギ総裁が物価上昇率を引き上げるために「やるべきことをやる」と発言したことから、国債の買い入れを含めた量的金融緩和に踏み切るとの思惑が強まり、欧米株も軒並み上昇しました。これらの緩和的な環境が相場にとって反発の起爆剤となるでしょう。

懸念材料としては、前週金曜日から中国で11銘柄の新規株式公開(IPO)再開が予定されており、需給面での悪化が挙げられます。但し、力強い利下げを受けて、短期的には銀行株や不動産株などの高騰が相場全体を牽引する可能性が高いと思われます。ハンセン指数は月曜日に一気に2%近く上昇し、25日の移動平均線を突破しましたが、どこまで上値を伸ばせるかがポイントとなりそうです。今後は75日の移動平均線(2万4,030ポイント)を試すような展開となるかどうかが注目されます。

フィナンシャル・インテリジェンス部 林 宇川(Tony Lin)

■ご留意いただきたい事項

当画面でご案内している内容は、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等に関連しますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。

当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

■ご留意いただきたい事項

・当社は、本レポートの内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。
・記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。
・過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
・提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
・当社は本レポートの内容に依拠してお客さまが取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
・投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
・本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
・内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。