(2014年11月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 安倍晋三氏が最初に首相を務めた精彩を欠く第1次安倍内閣と、超エネルギッシュで異様に活発な今回の仕事ぶりの対比があまりに著しいため、日本人は同氏を「安倍2.0」と呼ぶようになった。

 2年近く前に政治的なカムバックを果たして以来、安倍氏は2007年に終わった最初の惨めな12カ月間の登板の記憶をすべて消し去る任務を遂行してきた。償いをする決意は安倍氏の職務遂行に生まれ変わったかのような情熱を与え、支持者はこれに爽快さを感じ、反対勢力は恐ろしさを覚えている。

生まれ変わったかのような「安倍2.0」

日中外交問題、両国がドイツを引き合いに

就任以来、精力的に外交を展開する安倍晋三首相〔AFPBB News

 経済的には、安倍氏は20年前に日本経済が停滞に陥って以来最も野心的な経済再生計画に乗り出した。外交上は、1980年代の中曽根康弘氏以降のどの首相よりも積極的に活動し、地域と世界を飛び回っている。

 防衛に関しては、日本を憲法の制約から解き放ち、正規軍を持つ「普通の国」としての地位を取り戻すために、過去数十年間で最も組織的な努力をしてきた。

 この2週間は、安倍氏の基準からしても慌ただしかった。まず、安倍氏が中央銀行総裁に任命した急進的な黒田東彦氏が、米連邦準備理事会(FRB)が反対の方向に動き出したまさにその週に新たな大規模量的緩和を打ち出し、市場に不意打ちを食らわせた。

 日銀が国債購入を増やすことを発表する一方で、日本の巨大な年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は国内株式への資産配分を2倍以上に増やすことを明らかにした。

 協調的な政策は即座に影響を及ぼした。日本株は7%上昇し、円相場は対ドルで5%以上下げ、1ドル=115円台をつけた。債券市場は、惨事を予想する声に逆らい、安定した状態を保った。

日中首脳会談もようやく実現

3年ぶり日中首脳会談、「関係改善へ第一歩」と安倍首相

冷たい握手でも、日中両首脳が会談したことは関係悪化の休止を告げる〔AFPBB News

 次に、安倍氏は今週ようやく、中国の習近平国家主席との会談を実現させた。習氏が権力の座に就いてからの2年間は、安倍氏のそれ以上に力強いものだった。

 両氏の仲は悪い。盛んに写真を撮られた握手の際、2人は死んだ魚を扱うような温かさで相手の手を握った。それでも、日中首脳が顔を合わせたことは、危険なほどに悪化する関係の休止を告げた。

 中国メディアは、安倍氏が謁見を請い、習氏が鷹揚に取るに足りない人間の願いをかなえてやったように描いた。だが、安倍氏としては、説得力をもって実質的な譲歩をせずに会談が行われたと主張できる。