経営のためのIT活用実学

使えない「ハイクラス人材」にならないために輝かしい経歴を羅列して満足していないか?

2014.10.22(水)  横山 彰吾

 従来のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)は「作業」のアウトソーシングが中心だった。それに対してBPMはかなり難易度の高い業務までまとめてアウトソーシングしてしまう。そのため、社内に残るのはほんの一握りの人材だけだということになる。

 BPMの時代になると、ベテラン社員の「業務を知っている」「人脈が豊富」という今までの強みが強みではなくなってくる。また、専門性で勝負しようとしても、業界で必要とされる専門性がどんどん変化しており、ベテランとして企業に残ることが極めて難しい環境になりつつある。こういった状況を踏まえると、転職を希望するハイクラス人材が希望通りの条件で活躍できる場は、非常に限られていると言えそうだ。

本当のハイクラス人材は何ができる人なのか

 では、スペックを含めてハイクラスと認められ、必要とされるには、何ができる人であればよいのか?

 IT関連の領域で言うと、年齢や経験年数、年収にかかわらず、本当の意味で「ハイスペック」と言えるのは、やはり「改革ができる人」であろう。

 筆者が現場で出会ったある人は、知識と技術力があり、手も動き、ちょっとしたシステムの機能ならばすぐに作ってしまう能力の持ち主であった。確実に仕事をこなし、あらゆる仕事に必ず貢献することができる。

 しかしその人は、システムの機能を取り上げない会議には、「内容が具体的ではない」との理由で出席しようとしなかった。部署の方針に関わるような会議でも出てこない。

 優れたスキルを持っていても、そのスキルを会社の方向性や仕組みを変えていくことに生かそうとしないのである。結局、その人は1つの部署に留まり、ステップアップする機会を得られないままである。

 一方、ある人は、個々のシステムや技術のことは概要としてつかんでいる程度で、自分で何かを作るようなことはしない。しかし、常に現状から二歩先、三歩先の会社のあり方を考え、唱えている(場合によってはそれが原因で社内に敵をつくることもしばしばあった)。3回に1回くらいは、そのアイデアが周囲につぶされずに形になり、何年後かに「やっておいてよかった」という仕組みになっていることもあった。

 上の2人は、いずれもITの先端動向に関して常にアン…

<<好評発売中!>>
【JBpress新書シリーズ発刊!】
第一弾は「若者よ、外資系はいいぞ」
~四十代年収四千万になる人生設計術:祖父江 基史氏・著<

楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーシップ・組織 一覧ページへ

媒体最新記事一覧