なぜか増えていく石油「埋蔵量」の秘密

人類は地中の資源の全貌をまだ知らない

2014.10.09(木) 鶴岡 弘之
    http://goo.gl/kPPBln
  • 著者プロフィール&コラム概要

──アメリカのシェールガス開発事業者は赤字のところが多いと聞きますが。

岩瀬 確かに今、シェール開発の経済性は悪くなっています。天然ガスの価格は2008年頃に8ドル/100万BTU(熱量単位)あったのが、2ドルを割るまで下がってしまった。今は戻って4ドルくらいですが、この価格の低さが経済性を悪くしています。

 だから、今、シェール開発に取り組んでいる事業者は、ガスじゃなくてできるだけ石油の方を掘ろうとしているんです。リグ(掘削機械)の稼働している台数も、ガス用のものは減って石油の方が増えています。それは経済性を考えたら当たり前のことだと言えます。

 ただし、アメリカでは、ここ数年でシェール革命によって安価なエネルギー資源を潤沢に使えるようになったことは事実です。シェールを含む石油の生産量は、2013年には2005年よりも約45%増加しています。ガスも約35%増えています。自給率も石油が約53%、ガスは90%を超えました。

 21世紀はアメリカの力が低下すると言う人がいますが、僕は「本当かな」と思っています。シェール革命のおかげで、アメリカはまた国力を高めていくんじゃないでしょうか。

★     ★     ★     ★

【JBpressからのお知らせ】
JBpressの人気連載、中小企業探訪コラムが本になりました。

『「小さな神様」をつかまえろ! 日本で一番ほめてあげたい職場』
(鶴岡弘之著、PHP研究所、1458円、税込)

【内容紹介】
出合いをチャンスに変えて逆境を切り開いた経営者たちの物語。

◎加茂水族館(山形県)――世界一のクラゲ水族館に学ぶ大逆転の秘策
◎ICHIROYA(大阪府)――「行き当たりばったり力」があれば大丈夫
◎向山製作所(福島県)――電子部品工場はなぜ生キャラメルを作り続けるのか
◎パラダイスプラン(沖縄県)――宮古島への熱い思いで『6次産業化』に成功
◎石橋(和歌山県)――なぜか「きのこ」を育て始めた石油会社
◎マリーン5清水屋――地方百貨店のあるべき姿を追求せよ
◎ミルズ(新潟県)――その牛乳屋さんは、なぜ朝やって来ないのか
◎のとや(石川県)――進化を止めない創業700年の温泉旅館

購入は⇒こちら(Amazonのサイト)

6
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

JBpress編集長。東京大学文学部卒業。電機メーカー、コンピューターメーカーを経て日経BP社記者に。コンピューター雑誌、美術・デザイン雑誌、ビジネス系ウェブサイトなどの編集や運営、立ち上げに携わる。2008年4月、日本ビジネスプレスの設立に参画しJBpress副編集長に就任。2015年4月より現職。著書に『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』『小さな神様」をつかまえろ!』がある。

エネルギー戦略

20世紀の社会を築き、支えてきた石油。しかし世界的な環境意識の高まりの中で、石油依存社会の限界が明らかになりつつある。石油はいまどうなっているのか。石油社会の次を築き、新世紀を切り開くイノベーションは何か。その最先端の姿をリポートする。

>>最新記事一覧へ