本記事はマネックス証券の米国株 MARKET PICK UP/中国株 MARKET PICK UPを転載したものです。本資料のご利用については、必ず記事末の「ご留意いただきたい事項」をお読みください。当該情報に基づく損害について株式会社日本ビジネスプレスは一切の責任を負いません。

先週の米国株式市場
―期待に届かぬ雇用統計も株価は小幅に上昇―


<先週の概況>

先週の米国株式市場は主要3指数とも小幅に上昇し、それぞれ5週連続での値上がりとなりました。S&P500は史上最高値を更新しました。

ISM景況感指数や新車販売台数などの指標はそれぞれ数年ぶりの高水準となりましたが、マーケットの反応は限定的でした。金曜日に発表された雇用統計で非農業部門雇用者数は市場予想を大きく下回りましたが、ウクライナとロシアの停戦報道などもあって株価は上昇しました。


米国株式市場バリュエーション




業種別リターン



ダウ平均採用銘柄 週間騰落率ランキング



<上昇>

ダウ平均採用の30銘柄中21銘柄が上昇しました。ナイキ(NKE)、ウォルマート(WMT)、ディズニー(DIS)など個人消費関連銘柄の堅調さが目立ちました。

<下落>

原油価格の下落を受け、シェブロン(CVX)やエクソン・モービル(XOM)といったエネルギー関連株の下落が目立ちました。ホーム・デポ(HD)はサイバー攻撃を受けたことにより顧客情報の流出が起きた可能性があると発表し、下落しました。複数の会社から投資判断や目標株価が引き下げられたボーイング(BA)は2%弱下落しました。

先週発表された主な経済指標

非農業部門雇用者数 8月 +14.2万人 市場予想 +23.0万人 前月 +21.2万人(上方修正)
失業率8月 6.1% 市場予想 6.1% 前月 6.2%

5日に発表された雇用統計の非農業部門雇用者数は前月差14.2万人の増加と市場予想を大きく下回り、前月からの増加幅も減少しました。失業率は6.1%と前月から0.1%改善し、市場予想と一致しました。

事前に発表された他の労働関連指標は強い内容が目立っていたため、非農業部門雇用者数が堅調な回復の目安とされる20万人に届かなかったことは意外な結果でした。労働参加率も0.1%低下して62.8%となり、冴えないこれらの指標を受け、市場では利上げ早期化観測が後退したとの声も聞かれました。


今後発表される主な経済指標

9月12日
8月小売売上高(前月比) 市場予想 +0.6% 前月 ±0.0%
8月小売売上高(自動車・ガゾリン除く前月比) 市場予想 +0.4% 前月 +0.1%

重要指標の発表ラッシュだった前週に比べると発表は一服となりますが、12日には小売売上高が発表されます。米国のGDPの7割を占める個人消費の先行指標として注目度の高い経済指標です。

前月は予想を下回る低調な伸びに終わりましたが、先に発表された新車販売台数が高水準だったことから、8月は高い伸びが期待されています。


マーケットビュー
―好悪まちまちだった雇用統計も実体経済は依然好調―

先週のマーケットビューでは数多く発表される重要指標の発表に注意、雇用統計で良好な結果が出れば利上げ早期化観測につながる可能性がある、と書きました。結果は経済指標欄にも書いたとおり、雇用統計は冴えない結果で利上げ早期化観測が進むことはありませんでした。ただ、確かに非農業部門雇用者数や労働参加率は低調な結果だった一方で、イエレンFRB議長が重視していると言われる「失業者に占める長期失業者の割合」や仕方なくパートタイマーとして働いている人を広義の失業者と捉える「U-6失業率」はともに改善するなど、悪い内容ばかりではありません。上記の内容を勘案すると、今回の雇用統計では労働市場についての明確な方向感は乏しかったと考えられます。

雇用統計以外のISM景況感指数や新車販売台数などの重要指標は数年ぶりの高水準を記録していることから米国経済は全般的に堅調と言える状況にあります。バリュエーション面からみて、急速な上昇は期待しにくいと思われますが、堅調な経済を背景にじりじりと緩やかながら株価は上昇傾向を維持すると考えています。

フィナンシャル・インテリジェンス部 益嶋 裕

■ご留意いただきたい事項

当画面でご案内している内容は、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等に関連しますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。

当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。

■ご留意いただきたい事項

・当社は、本レポートの内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。
・記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。
・過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
・提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
・当社は本レポートの内容に依拠してお客さまが取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
・投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
・本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。
・内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。