(2014年7月29日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

日中外交問題、両国がドイツを引き合いに

世界を飛び回る安倍晋三首相〔AFPBB News

 もし印刷した1万円札の枚数や迂回した憲法の条文の数ではなく訪問した国の数で評価されることになったら、安倍晋三首相は大変な成績を収めることになるだろう。何しろ、25日にメキシコから始まった中南米諸国歴訪の旅を終えれば、1年半ちょっとで47カ国を訪れたことになるのだから。

 首相が外国を訪問する時に国会に事実上許可を請わねばならない日本の基準はもとより、恐らくどの国の指導者の基準に照らしてみても、安倍氏は外国を頻繁に訪れていると見なされるだろう。

 ちなみに、安倍首相の2人の前任者は計2年半の在任中に18カ国しか訪問できなかった。外国訪問に長けている中国の習近平国家主席でさえ、まだ23カ国にとどまっている。

 日本の首相としては10年ぶりとなる中南米歴訪の前に、安倍氏はアジア諸国を何度か訪れている。任期の1年目には東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国をすべて回るという離れ業をやってのけた。中国の影響力がじわじわと感じられるようになっており、常に歴史が重くのしかかるアジアでは、日本政府と中国政府がビジネスの機会だけでなく人々の心を巡っても暗黙のバトルを繰り広げている。

 日本はインドネシアやタイ(両国にとって日本は大口の投資家である)をはじめとする東南アジアの国々と関係を強化したり、中国の台頭に神経質になっているほかの国々(インド、フィリピン、ベトナム、さらには、かつてはしっかり中国陣営に入っていたミャンマーなど)を味方に付けようとしたりしており、概して言えば、そうした取り組みは一般に理解されている以上の成功を収めている。

習近平国家主席の後を追うような中南米歴訪

 アジアより遠く離れたところでは、中国が一歩リードしている。中国は、10年前にはほとんど存在感がなかった中南米でも急速に影響力を強めており、今ではブラジルやチリ、ペルーにとって最大の、そしてアルゼンチン、コロンビア、産油国のベネズエラなどにとっては第2位の貿易相手国になっている。

 また中国の習氏は、安倍氏が最初の訪問国・メキシコに到着したちょうどその日に、1週間の中南米歴訪を終えて帰国している。トリニダード・トバゴで首脳会談を行い、これからブラジル、コロンビア、チリを訪問する安倍氏がまるで習氏の後を追いかけているようにも見えるため、日本人にとっては不愉快な面もある。

 中国国際問題研究所の滕建群氏は、中国国営中央テレビ(CCTV)のインタビューで安倍氏の取り組みを痛烈に評した。