(英エコノミスト誌 2014年7月5日号)

かつて世界の先頭を歩んでいた文明が廃墟と化している。それを再建できるのは、そこに暮らす者だけだ。

 1000年前、バグダッド、ダマスカス、カイロといった大都市が、西側世界に先駆けて、競い合うように繁栄した。「イスラム」と「革新」は一対の存在だった。様々なカリフ(預言者ムハンマドの後継者)の治める領土は超大国であり、学問と寛容さと貿易とを導く灯台となった。

 だが、現在、アラブ人は惨憺たる状況に置かれている。アジアや中南米、アフリカが前に進んでいるにもかかわらず、中東は独裁政治に足を引っ張られ、戦争にかき乱されている。

 3年前には希望が膨らんだ。アラブ世界全域で市民の不満がうねりとなり、チュニジア、エジプト、リビア、イエメンの4カ国で独裁者が打ち倒され、そのほかの国、特にシリアでも、変化を求める叫びが上がった。だが、このアラブの春の果実は腐り、新たな独裁政権と戦争を招く結果となった。その2つが困窮と狂信主義を生み、それが今、世界全体を脅かしている。

 アラブ諸国がこれほどみじめな失敗を喫し、そこに暮らす3億5000万の人々のための民主主義、幸福、あるいは(石油という思わぬ授かり物は別にして)富を生み出せずにいるのはなぜか? その疑問は、現代における大きな問題の1つだ。アラブ社会が、その社会の(そして同盟国とされている欧米諸国の)破壊に熱中する堕落した政権や狂信者の影響を受けやすいのはなぜか? 

 アラブ人が民族として能力を欠いているとか、民主主義に対する病的な嫌悪感を抱いているなどと言う者はいないだろう。だが、アラブの人々が悪夢から目覚め、世界が安全を感じられるようになるためには、大きな変化が必要だ。

非難のゲーム

 問題の1つは、アラブの国々の騒乱が、あまりにも広い範囲に及んでいることだ。実際、最近のシリアとイラクは、ほとんど国の体をなしていない。

 6月末、残虐なジハード(聖戦)主義組織が国境を無効とし、カリフを最高指導者とする新たなイスラム国家の樹立を宣言した。新国家の領域にはイラクと大シリア(イスラエル・パレスチナ、レバノン、ヨルダン、トルコの一部を含む地域)が含まれ、いずれは世界全体もその圏内に入ることになるという。組織の指導者たちは、中東だけでなく、ニューヨークやロンドン、パリの市街でも非イスラム教徒を殺害しようとしている。

 エジプトは軍政に逆戻りした。リビアは、ムアマル・カダフィが暴力的な最期を迎えた後、無秩序な武装勢力のなすがままになっている。イエメンは暴動と内紛、アルカイダに悩まされている。パレスチナはいまだ、真の独立と和平にはほど遠い。イスラエル人の少年3人の殺害と、それに続く報復により、また新たな暴力の連鎖が引き起こされる恐れがある。

 サウジアラビアやアルジェリアのように、政権が石油や天然ガスから生まれる富に守られ、強圧的な国家公安機関に支えられている国でさえ、見た目よりもずっと脆い。真の民主国家になる可能性があるのは、3年前に自由を求めるアラブの春の引き金となったチュニジアだけだ。

 アラブが抱えるいくつかの根深い問題の中核にあるのは、イスラム主義――少なくとも、現代的に再解釈されたイスラム主義だ。政教一致を求め、モスクと国家の境がないイスラムの教義は、多くのイスラム教指導者に支持され、それが独立した政治組織の発達を妨げている。戦闘的な少数派は、ますます狂信的になるコーラン解釈を通じて正当性を手に入れようと躍起になっている。

 それ以外のイスラム教徒は、武装勢力による暴力と内戦に脅かされ、それぞれの宗派に庇護を求めている。かつてイラクとシリアでは、シーア派とスンニ派の結婚も多かった。今では、両者はあまりにもしばしば互いに傷つけ合っている。そうしたイスラムの教義の暴力的な曲解が、遠くナイジェリア北部からイングランド北部にまで広がっている。