(英エコノミスト誌 2014年5月10日号)

規制当局が1つの形態のノンバンク融資を抑制するたびに、別のものが成長し始める。

 上海から車で数時間行ったところにある靖江市では、揚子江船業がカナダの船会社シースパン向けに21隻の巨大なコンテナ船を建造している。とてつもなく大きな標識は、「我々は中国で最高の造船所になる」と謳っている。

 揚子江船業は昨年30億元(4億8100万ドル)の利益を上げており、間違いなく最も収益力の高い造船所の1つだ。だが、造船から得た利益は、その3分の2程度にすぎない。残りは、委託融資と呼ばれる中国の金融商品を使って、他社に資金を貸し付けることから上げていた。これが揚子江船業を別の業界の最前線に立たせている。シャドーバンキング(影の銀行)である。

 今から10年前は、ほぼすべてが国有で厳しく規制されている従来型の銀行が、事実上、中国のすべての融資を占めていた。それが今は、まとめてシャドーバンクとして知られる信託会社、リース会社、信用保証会社、マネー・マーケット・ファンド(MMF)などの様々な代替的金融業者から信用(クレジット)を得ることができる。

 これらの貸し手の多くは完全に立派な会社だが、それ以外は、銀行がどれだけの資金をどの企業にどんな金利で貸し出せるのかといった多くのルールをすり抜けるためのあからさまな試みだ。

急成長するシャドーバンキング

 銀行融資は、今なお影の融資よりはるかに大きく、依然驚くべき速さで拡大しているが、最近はその伸び率が安定してきた。対照的に、特に気掛かりな形態の一部の影の融資の成長は加速している(図参照)。

 昨年は、シャドーバンクが融資の伸びのほぼ3分の1を占め、その過程で50%以上も拡大した。

 これまでのところ、中国のシャドーバンキングに関する懸念の大半は、信託融資に向けられていた。信託会社は、最大10%の高利回りを提供することで、政府が銀行預金に課している低い上限金利に不満を抱く企業や個人から資金を集めている。信託会社が借り手に課している金利は、当然ながらもっと高い。

 信託会社は、不動産や鉄鋼など、多くの場合バブルめいた業界で事業を営んでいるために銀行から借り入れができない企業に融資している。これらの業界では、規制当局が過剰投資の兆候を察知し、そのため銀行に融資を抑制するよう指導している。揚子江船業の融資の5分の2以上は比較的小さな中国の都市の不動産デベロッパー向けで、土地がその担保の3分の2近くを占めている。

 一方、中国経済は減速している。過去2年間の成長率は7.6%で、1990年以降では最も低い伸びとなっている。その多くに投資していた投資家は何らかの形で資金を取り戻しているものの、いくつかの信託商品はデフォルト(債務不履行)している。今年は4000億ドル相当以上の信託商品が満期を迎える予定だ。そして借り手はこうした融資の多くを借り換えたいと思うだろう。