(英エコノミスト誌 2014年4月19日号)

デンマークの不動産市場は不安定な基盤の上に成り立っている。

デンマークも北極海底での権利獲得を目指す

デンマークの家計は多額の債務を抱えている(写真は首都コペンハーゲン)〔AFPBB News

 ユーロ危機の間、窮地に陥った地中海沿岸諸国が極めて分不相応な暮らしをしていたことが判明した。欧州北部の人々は、南欧の人たちの浪費ぶりに不快感を示した。

 だか、北部のすべての人が、絵に描いたような倹約家なわけではない。デンマーク世帯は、主に先進国から成る経済協力開発機構(OECD)の加盟国34カ国の中で、可処分所得に占める債務の割合が最も高いのだ。

 デンマーク人の浪費癖は今、南欧の無責任な人たちのそれと同じくらい持続不能に見えてきた。

 他の多くの地域と同様に、問題の発端は住宅市場だった。2004年には、デンマークの住宅ローンのうち、借り手が利払いだけを行い、元本は一切返済しない長い「インタレスト・オンリー(IO)」期間があるローンはたったの10%だった。それが2013年には57%に上昇していた。その間の10年で、デンマーク人が市場に押し寄せたため、不動産価格は急騰した。

利払いのみの「IOローン」の落とし穴

 銀行は、一見してリスクのない大きなリターンを投資家に約束し、住宅ローン担保証券(MBS)を発行することで資金を賄った。デンマークのMBSには200年の歴史があり、これまで1度もデフォルト(債務不履行)したことがないのだ。

 英国のプライベートバンク、アーバスノット・レイサムのグレゴリー・パードン氏は、デンマークの家計はいつ破綻してもおかしくない状況だと考えている。IOローンの普及により、デンマーク人は年平均2%しかローンを返済していない。利息のみの支払い期間(通常はローン実行から10年後まで)が終了すると、毎月の返済額は一気に増加する。

 中には返済できなくなる人も出てくるだろう。景気の回復は弱いし、近年は雇用も減少している。ローンの借り換えは多くの人にとって選択肢の1つになるが、最も危ない借り手にとっては選択肢にならない。不動産価値の80%を上回る額の融資に法的な規制がかけられているためだ。

 デンマークの人たちはお金に不自由していないが、財産の大半は流動性の低い住宅と、手をつけることのできない年金資金だ。そのためデンマーク人は流動資産に乏しい、というのが国際通貨基金(IMF)の見方だ。

 ローン返済額の増加を受け、デンマークの人々が住宅を手放して債務を返済することを余儀なくされたら、住宅価格にかかる下落圧力が悲惨な連鎖反応を引き起こすかもしれない。ユーロ危機の最中に一時的に落ち込んだ住宅価格は、現在停滞していて、ローン資産比率が高止まりしている。