・中国は、南シナ海に対する歴史的権利を主張するが、そもそも国際法においては、歴史的な主張は、領土獲得の方途として認められていない。

・また、中国は、南シナ海に対して歴史的権利を主張するが、国連海洋法条約および国際慣習法によれば、歴史的な主張は、領海、内水、湾のみに及ぶものであって、南シナ海は以上のいずれにもあたらない。

・フィリピンは仲裁裁判において、南シナ海の特定の場所に対する主権の決定を要求しているわけではなく、国連海洋法条約におけるこうした地勢の性質と海洋上の権利に関わる解釈について要求しているのである。

・もし、これらの地勢の性質と、海洋上の権利が明確にされるのであれば、九段線に関わる曖昧さも明らかとなろう。

・九段線の国際法上の解釈が明確となれば、南シナ海の地勢がいずれの国の主権に属そうと、中国とフィリピンの海洋上の権利も国連海洋法条約の条項の下で、明らかになるだろう。

・中国の主張にもかかわらず、フィリピンが提訴した国際仲裁裁判は、領土紛争を提起するものでもなく、海洋上の国境画定を提起するものでもない。これは、国連海洋法条約の条項の解釈の問題を提起しているだけなのである。

 このようにゾイロ君からの便りは、フィリピン政府の言いたいことを網羅している。ここでは詳細は記さないが、彼からのメールには、中国の主張の法的な誤りを、一つひとつ客観的な論理と資料を通じて、反駁している詳細な反論集まで添付されている。

 多少の誤解を承知で、フィリピンの主張を、ごく簡単にまとめるならば、中国の主張する「九段線」に国際法上の根拠は何らないことを、国際仲裁裁判所で審議してもらいたいということなのだ。中国の国際法の理解が弱いことを、さりげなく一刺ししようというわけである。