資源の宝庫・日本、知恵を使えばコストは下がる

「びっくりドンキー」のアレフが描く外食産業の未来(2)

2014.04.08(火) 川嶋 諭
    http://goo.gl/p9nGcC
  • 著者プロフィール&コラム概要

 一方、地熱を使ったヒートポンプで逆に別の地下水を2度まで冷やし、これは野菜を洗浄するための冷水として利用する。

 高い温度の排熱でも低い温度の排熱でも、それを徹底的に利用し尽くそうという考え方である。結果として地熱利用用のパイプは20本で十分に効果が得られるようになった。

地域を巻き込んだ廃油回収の取り組み

 地熱を利用しよう。でも日本ではコストがかかる。多くの企業はこの時点であきらめるかもしれない。しかし、さらに知恵を使えば、問題は解決できるどころか、当初の予想以上の成果も期待できる。

 アレフの地熱利用はそんな経営の教訓を教えてくれている。

 店舗から出る廃油の利用も、当初の計画よりも大きな成果を生み出している。始まりは店舗が使う油をごみにするのではなく資源化したいという考えだったからだが、調べてみるとびっくりドンキーの店舗だけでなく、家庭で使うてんぷら油がほとんど資源化されていないことが分かった。

 調理用の油の場合、日本では業務用と家庭用でほぼ半々の割合で使われているという。しかし、これらが使用された後は、業務用は約90%が回収されて石鹸の原料、燃料、飼料などに再利用されているのに対し、家庭用はほぼ手つかずというのが現状である。

 業務用に比べ廃油を集めるインセンティブが働かず、何より面倒という理由が大きい。地方自治体によっては積極的に推進しているところもあるが、日本ではこうした問題の場合、どうしても行政に任せておけばいいという意識が強く対策が進まないという現実がある。

 それならば、とアレフが考えたのが、地域住民の意識を変えることだった。幸か不幸か、アレフの本社がある札幌市は北海道でもちろん最大の都市だが、環境対策に予算を十分使えるような財務体質ではない。

 そこで、びっくりドンキーの店舗にてんぷら油の廃油を持っこようというインセンティブが働くように、廃油と交換で同社の商品である「トマトゼリー」を渡すことにした(今はトマトゼリーの代わりにびっくりドンキーの店舗で使えるポイントカードのポイントに変えている)。

 その一方で、アレフが運営する「えこりん村」という環境体験施設でナタネ畑を作り、地元の小学生たちが栽培から採油までの工程を見学できるようにした。また小学校にもナタネ畑を作ってもらい、それを収穫してえこりん村で採油できるようにした。

4
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

早稲田大学理工学部卒、同大学院修了。日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。1988年に「日経ビジネス」に異動後20年間在籍した。副編集長、米シリコンバレー支局長、編集部長、日経ビジネスオンライン編集長、発行人を務めた後、2008年に日本ビジネスプレス設立。

地球の明日

世界各地で、経済も環境も政治も大きく変化し始めた。私たちの地球は歴史的に大きな転換点を迎えていると言っていい。しかし、その現象を近視眼的に見ては変化の本質はとらえられない。日本を代表する有識者が、歴史的、哲学的な視点から地球上で起こっている変化の本質を考察する。

>>最新記事一覧へ