(英エコノミスト誌 2014年3月8日号)

刃物による凄惨な襲撃は中国に衝撃を与え、同国の少数民族政策への疑問を投げかけた。

中国・昆明の無差別殺傷、逃亡していた容疑者3人を拘束

昆明駅で起きた無差別殺傷事件の現場にろうそくを並べ、犠牲者を追悼する人々〔AFPBB News

 「こんなことがあってはならない。とにかく、あってはならない。私には理解できない」

 元鉄道運転士の男性はこうつぶやき、涙をこらえながら、昆明駅前に設置された仮設の祭壇前に立っていた。3月1日夜、黒い服を着た襲撃者の集団が長刃のナイフや包丁を振り回し、凶悪な大量殺戮を繰り広げた現場だ。

 目撃者の話では、襲撃者は無差別に人々を刺しては切りつけ、皆が必死にこの殺戮現場から走って逃げたという。襲撃はものの数分で終わったが、被害を出さずに済むほど早く終わらなかった。

 国営メディアが「中国版9.11」と呼んだ襲撃で、少なくとも29人が死亡、140人が負傷した。

襲撃事件が昆明と中国に与えるインパクト

 当局者らは、今回の襲撃事件を「新疆ウイグル自治区の過激派」が実行したテロ行為だと話している。新疆ウイグル自治区の過激派という言葉は暗に、ウイグル民族、つまり、中国北西部出身の少数派イスラム教徒を指している。

 警察によると、犯行グループのうち4人は現場で射殺され、負傷した女性1人の身柄が確保された。警察はその2日後になって、さらに3人が拘束され、実行犯の捜索が終わったと発表した。

 銃を携帯した警察と祭壇(人々は犠牲者を追悼するためにここへ来て頭を垂れ、生花や果物を供える)の存在を除けば、昆明駅は人口600万人の2級都市のにぎやかな中心地として、ほぼ普段通りの状態に戻った。

 しかし、襲撃事件が昆明と中国に与えるインパクトは甚大なものになるかもしれない。この事件は、民族間の緊張という中国を長年苦しめる問題の不穏な激化を告げる恐れがある。

 1000万人を数える中国のウイグル族の大半が暮らし、北京の中央政府による高圧的な支配に苛立っている新疆では、もう何年も前から暴力的な事件が散発的に起きてきた。ウイグル族はその文化や宗教において、中国人よりも中央アジア人に近い。