(英エコノミスト誌 2014年3月1日号)

新たなスキャンダルがレジェップ・タイイップ・エルドアン首相の政府を飲み込み、不確実性がトルコを覆っている。

トルコ首相、「エジプト政変の背後にイスラエル」

政治生命を懸けて戦っているレジェップ・タイイップ・エルドアン首相〔AFPBB News

 アンカラにあるトルコ与党・公正発展党(AKP)本部のロピーに飾られた枯れかけたゆりの花束は、同党に相応しい象徴だ。レジェップ・タイイップ・エルドアン首相は、密かに録音された会話が2月24日に動画共有サイト「ユーチューブ」にアップされてから、自身の政治生命のために戦っている。

 エルドアン首相は一連の会話の中で、自宅に隠していた数百万ユーロの現金をどのように処分するかについて、下の息子ビラル・エルドアン氏と話し合っていたとされる。

 この会話は12月17日に交わされたと言われている。12月17日というのは、今や近年の歴史の中で最大とのレッテルを張られている汚職調査の一環として、エルドアン内閣の数人の閣僚の息子と何人かの仕事仲間の自宅に警察の強制捜査が入った日だ。

 閣僚の息子2人と仕事仲間の1人は刑務所に拘留され、裁判を待っている。スキャンダルに関係があるとされた4人の閣僚は辞任を余儀なくされた。

相変わらず陰謀論を振りかざすエルドアン首相

 エルドアン首相は直ちに、録音を「恥知らずで信頼できない作り物だ」と非難し、録音された会話が、警察や司法にいる信奉者が汚職調査の背後にいると考えられている、影響力のあるイスラム教スンニ派の聖職者フェトフッラー・ギュレン師の仕業だと示唆した。もしかしたら3月30日の地方選挙の前に、エルドアン首相を退陣に追い込むことが彼らの目的だと言う者もいる。

 彼らは成功できるのだろうか? いつもは慎重な西側の外交官でさえ「あらゆることが起こり得る」と話していることは、この国を覆っている不確実性の表れだ。汚職調査は外国の陰謀であり、ペンシルベニアを拠点とするギュレン師が実行しているというエルドアン首相の主張は、首相の敬虔な中核的支持者を満足させたかもしれない。だが、爆弾発言のテープは、多くの人々の心に疑念を植え付けた。

 そしてユーチューブにアップされた会話は、ネットに掲載される運命の、エルドアン首相とその家族に不利な一連の録音の最新のものに過ぎない。

 少なくとも200万人のトルコ人がこれらの録音をクリックした。イスタンブールの通勤フェリーに乗ったある女性は、他の乗客に聞こえるようにその1つを大音量で流した。何千人もの人々が街頭に繰り出し、政府の退陣を要求している。昨年夏のゲジ公園での抗議行動の時に見られた暴力に回帰するのではないかという不安が渦巻く中、さらに多くのデモが予想されている。

 不満を抱いているトルコのクルド系住民もデモを行う構えを見せている。クルド平和民主党(BDP)の共同議長を務めるセラハッティン・デミルタシュ氏は、政府とクルド労働者党(PKK)の反政府勢力との間の1年間の停戦が破棄される可能性さえあると言っている。「エルドアンは窮地に陥っており、投獄を逃れるためなら何でもするかもしれない」。首相と衝突した元文化相のエルトゥールル・ギュナイ氏はこう話している。