(英エコノミスト誌 2013年12月14日号)

インドのイスラム教徒には、ナレンドラ・モディ氏を恐れる理由がある。モディ氏は彼らに手を差し伸べるべきだ。 

インド・グジャラート州議会選、野党BJPが大勝

インド次期首相の最有力候補となっているグジャラート州のナレンドラ・モディ州首相〔AFPBB News

 5年前でさえ、想像も及ばなかったことだが、来年5月に総選挙を控えたインドでは今、ナレンドラ・モディ氏が次期首相の最有力候補になっている。

 長年グジャラート州首相を務めてきたモディ氏には常に、経済効率と強硬なヒンドゥーナショナリズムが入り混じる同氏の考えを熱心に支持する中核基盤が存在した。また、モディ氏が次々と物事を成し遂げることから、次第に多くの有権者が同氏のことを、低迷するインド経済の救世主と見なすようになっている。

 だが、インドの政界には、モディ氏ほど意見を二分する人物はいない。

 グジャラート州で2002年に発生したすさまじい暴力で1000人以上の死者――その大半がイスラム教徒――が出て以来、モディ氏の評判にはひどい汚点が付いて回る。モディ氏の資質には、これほど大きな汚点を上回るほどの価値があるのだろうか? 

インドを席巻するモディ熱

 モディ氏がインドの次期指導者に見えるのだとすれば、それは与党の現状を表している。国民会議派は2004年から政権の座にあり、とうの昔に活力を失っている。かつて輝きを放ったインドの経済成長率は半減し、5%まで落ち込んだ。毎年労働人口に加わってくる1000万人のインド国民に新たな仕事を見つける必要があるため、そうした鈍い成長はひどい人的損失を生んでいる。

 国民会議派の漂流と打算がこれほど危険に見えるのは、そうした背景があるためだ。かつて改革論者だった81歳のマンモハン・シン首相は、ガンジー家の家臣として残る任期を全うしようとしている。ラフル・ガンジー氏は結局、国民会議派の次期首相候補になるかもしれないが、当の小君主はその職を望んでいるようにも、その任に堪えるようにも見えない。

 12月半ばに州選挙結果が発表された5州のうち4州で、国民会議派は当然の惨敗を帰した。心強い1つの兆候は、デリーでの汚職撲滅運動の台頭だった。だが、変化を求めるこの熱意の最大の受益者はモディ氏だ。同氏は中道右派のヒンドゥー系政党・インド人民党(BJP)の首相候補であるだけでなく、インドの政党としては珍しいほど、BJPの選挙運動の顔になっている。

 モディ氏の知名度は、ラジャスタン州、マディヤプラデシュ州、チャッティスガル州、そしてデリー首都圏(州に相当)の選挙でのBJPの躍進を説明する役に立つ。

 素晴らしい雄弁家で現在63歳のモディ氏は、インド全土で多くの群集を引き寄せる。インドでは通常、政治家が市民にカネを払って選挙集会に参加してもらっているのに対し、モディ氏は入場料を取る。これは、同氏が巻き起こす熱狂のしるしであると同時に、支持者に、自身たちが強力なムーブメントの一端を担っていると感じさせる方法でもある。