(英エコノミスト誌 2013年11月23日号)

フィリピンを襲った恐ろしい災禍は、政治的、外交的なダメージも与えている。

比政府、マングローブ植林拡大計画を発表 台風被害受け

フィリピンのタクロバンで、破壊された自宅跡で所持品を集める被災者たち〔AFPBB News

 11月8日に台風ハイヤンがフィリピンにもたらした苦しみと惨状は、日を追うごとひどく見え、救援や復旧作業、復興にかかる費用は膨らむ一方だ。

 これまでにおよそ4000人の死亡が確認された。1200人以上がなお行方不明で、負傷者は1万8000人を超え、直接的な被害を受けた人は1100万人に上る。

 国連が当初呼びかけた3億ドルの緊急支援は、既にそれでは足りないと言われている。大規模な緊急援助が展開されているものの、ペースが遅く、無秩序で公正さに欠けると批判されている。

 自然災害は多くの場合、重大な政治的影響をもたらす。壊滅的な被害をもたらした2004年の大津波は、復興を巡る諍いを招き、スリランカ政府と「タミル・イーラム解放のトラ」との対立を激化させただけだった。だが、同じ津波はインドネシア・アチェ州の往年の紛争を終わらせる一因になった。

 ミャンマーでは、恐らく13万人前後の死者が出た2008年のサイクロン・ナルギス襲来時の軍事政権の冷淡な対応に対する国民の反感が同国を改革に向かわせた可能性がある。

災害対応のまずさでアキノ大統領に批判の声

 残念なことに自然災害に慣れているフィリピンでは、国内でヨランダとして知られる台風ハイヤンは、それほど根本的ではないが決して無視できない影響をもたらす。国内では、人気の高いベニグノ・アキノ(通称ノイノイ)大統領の名声を傷つけた。地域的には、外交上の戦線をはっきり固め、地域の災害援助機構の欠点を浮き彫りにした。

 亡き母コラソン・アキノ氏に対する国民の愛情を追い風に2010年に大統領に就いてからというもの、アキノ現大統領は表向きおっとりしたアプローチに対する揶揄に負けず、支持を保ってきた。フィリピン経済は力強く成長し、大統領は汚職撲滅に真剣に取り組んでいるように見えた。

 しかし、台風に対するアキノ大統領の対応は転換点となるかもしれない。2016年までの残りの任期において、大統領は困難な改革をやり遂げようとする時に、以前ほど国民の好意に頼れなくなる。

 批判はフェアではない。ハイヤンの勢力は前代未聞で、台風自体が救援活動に必要なインフラの大半を破壊してしまった。だが、アキノ大統領は、無頓着でいくらか思いやりに欠けるように見えたことや、責任転嫁しようとしたことで批判を浴びている。