(英エコノミスト誌 2013年10月5日号)

世界トップの投資銀行が自分自身にスポットライトを当てている。

米ゴールドマン「顧客を食い物に」、退職幹部が経営陣を痛烈批判

米ニューヨークのゴールドマン・サックス本社〔AFPBB News

 資金難と、デリバティブに絡む隠れた損失の噂が飛び交い始める。市場が神経質になる。株価は下落し、取引の相手方は信用枠を削減し始める。世界最大手の一角を占める金融機関が破綻の危機に陥り、世界を再び危機に陥れようとしている。

 ニューヨークの高層階にある役員室では、この金融機関の上級幹部がゴールドマン・サックスの代表者たちと会い、ゴールドマンが信用枠を維持するという再確認を求めている。

 たとえそれがゴールドマンを危険にさらすことを意味するとしても、同社のバンカーたちは顧客の力になるべきか、それとも、ことによれば金融危機を引き起こす可能性があったとしても、自分たちを守るべきなのか?

 ここでスクリーン上の映像が止まる。部屋の明かりが点灯し、ゴールドマンのロンドン事業のバイスプレジデント約100人が目をしばたたきながら、同僚たちの前で自分が馬鹿に見えず、また上司の目に打算的と映らないような答えを模索する。ためらいながら手が上がり、ある管理職が「我々の第一の義務は会社に対するものです」と言う。

 「では、我々の経営理念(常に顧客の利益を第一に考えるという約束)にもかかわらず、会社を優先するわけですね?」。ゴールドマンの欧州事業の1つを統括するベテラン社員で、会の進行役を務める人物が問い返す。

 その点をさらに突き詰め、進行役は参加者全員に、システム上重要な金融機関としてのゴールドマンの立場がこの決断に影響すべきなのか否か問いかける。金融の安定を確保する一助になるというゴールドマンの義務が他のすべての義務に勝るのではないか――と。

金融危機で傷ついた評判

 このケーススタディは数時間続く。その前には、ゴールドマンの歴史に関する情緒的なドキュメンタリーが上映される。ドキュメンタリーには著名人や元ゴールドマン幹部のインタビューが満載され、皆がゴールドマンを特別な存在にしているはずの美徳について力説している。

 すなわち、チームワーク、個人の説明責任、「長期的に強欲」になるべきだという元シニアパートナー、ガス・レヴィ氏の伝説的な言葉――顧客との関係を犠牲にするくらいなら短期的な利益は断念すべきだというのがその趣旨――などだ。

 数多くいるゴールドマンに批判的な人たちはきっと、この芝居を見て高笑いするだろう。だが、本誌(英エコノミスト)が最近出席した会合(進行役は本誌記者の出席について知っていたが、参加者は知らなかった)のような社内勉強会は、同社が大きく傷ついた評判を磨き上げようとする取り組みに光を当ててくれる。