(英エコノミスト誌 2013年8月31日号)

世界最大の金融機関の一角を占める中国大手銀行4行は、おぞましい現実と向き合わなければならない。

 「中国の銀行は本当の銀行ではない」。先ごろ中国の中信証券(CITICセキュリティーズ)に買収された証券会社CLSAのアンディー・ロスマン氏はこう話す。中国最大の金融機関は政府の支配下に置かれているため、実質的に財務部の出先機関になっている。

 これらの金融機関は競争から身を守ってくれる規則に甘やかされ、好況時に巨額の利益を上げる。銀行の利益は昨年、中国の国内総生産(GDP)比で3%近くに相当していたが、米国の銀行がここ数十年間で達成した最も高いGDP比はわずか1%だった(2006年)。不況期には、1990年代に不良債権が急増した時と同じように、国が後ろ盾になって問題を片づけてくれる。

 だが、中国銀行界の「ビッグフォー」を世界ランキングのトップに押し上げた有利な条件は、崩壊しつつある。これらの銀行は今は高収益を上げているが、近く新たな不良債権の波に襲われるだろう。中国経済のリバランス(再調整)が進むにつれ、国は家計や民間企業を犠牲にして国有企業に信用をつぎ込むのを控えるようになる。

 ロスマン氏の言葉は、永遠には当てはまらない。中国の大手銀行は、徐々に本当の銀行になりつつある。

規模では世界トップに入る中国大手銀行

 この状況は中国国内だけでなく中国国外でも大きな意味を持つ。何しろ中国最大手クラスの銀行は世界の銀行業界の巨人だ(図1参照)。

 昨年500億ドル近い税引き前利益を計上した中国工商銀行(ICBC)は最近、業界誌ザ・バンカーによって、中核資本の規模に基づく世界最大の銀行として名前を挙げられた。

 ICBCの中核的自己資本(Tier1)は2000年にはわずか220億ドルだった。それが昨年末には1610億ドルまで急増し、JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカを抜いている。

 残る中国大手銀行3行もトップ10入りを果たしている。中国建設銀行(CCB)、中国銀行(BOC)、中国農業銀行(ABC)の3行だ。

 これらの金融機関の規模には目を見張るものがある。ICBCとABCには、それぞれ40万人を超える従業員がいる。40万人と言えば、世界最大の自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の従業員数にほぼ匹敵する規模だ。ICBCの法人顧客数は400万社を超えている。CCBには約1万4000店の支店がある。