意外な食材から「トマトカーシャ」を開発、
女性起業家が北海道で町興し

2012.06.15(Fri) 工藤 康彦
筆者プロフィール&コラム概要

 「トマトカーシャ」をご存じだろうか。ソバの実とトマトを主原料にしたトマトソースである。作ったのは北海道・喜茂別町(きもべつちょう)在住の橋口とも子さんだ。

 橋口さんは、人口2400人の町に住みながら地域活性化に取り組み、2012年3月に起業。地元農産物を活用した商品開発と販売を行っている。ゆくゆくは農山村資源を活用した地域密着・住民参加型のビジネスモデルを構築したいという。

 橋口さんの取り組みの事例からは、個人や企業が緩やかに結びついたネットワークの可能性が見えてくる。本稿では、橋口さんの取り組みを紹介した上で、地元食材を利用した地域ビジネスの要点を探ってみたい。

「地域おこし協力隊」メンバーが起業

ソバの実のトマトソース「トマトカーシャ」。他に、トマト抜きの「カーシャ」、ソバの実カレーソースの「カレーカーシャ」なども

 北海道喜茂別町は、札幌市の南側に位置する人口2400人の農業を基幹産業とする町だ。大都市札幌に隣接するものの、周囲は羊蹄山や尻別岳をはじめとする山々に囲まれており、静かな農村となっている。

 冷涼な気候で冬は雪が多く降る一方、馬鈴しょ、てん菜、小豆などを中心に畑作農業が盛んで、近年ではトマト、メロンや花などの高収益作物の栽培も進む。日本のアスパラガス栽培発祥の地ともされ、特にホワイトアスパラは全国的にも有名となっている。

 一方で農業を取り巻く環境は厳しさを増す。農家の高齢化、農家戸数の減少、担い手不足などが、地域農業の大きな課題となっているのだ。

 そこで町は2010年、総務省の「地域おこし協力隊」事業を活用し、10名の協力隊員を募集。2年間の集落支援活動を実施した。この3月に任期を終えた隊員の多くがそのまま町内に定住。起業して地域の一員となっている。

 冒頭の橋口さんは、隊員の1人。ソバの実とトマトを主原料にした「トマトカーシャ」を商品開発。起業して、さらなる地域おこしを目指している。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1973年北海道生まれ。北海道大学大学院で農業経済学を専攻。博士(農学)。専門は、地域農業における農業生産法人の経営効果と意義の研究。2007年、食品需給研究センターにて食料産業クラスター事業に関わり、北海道における食クラスターをまとめる。2009年、北海道大学CoSTEPにて科学コミュニケーションを学ぶ。関心のあるテーマは、農業、農村社会、食クラスター、地域経済。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。