Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

短兵急すぎる「ソーシャルでは売れない」の判断

ソーシャル化する社会が世界を大きく変え始めた(7)

2012.05.15(火) 小川 和也
    http://goo.gl/MaICL
1
nextpage

 「購買行動のソーシャル化」が注目を集めるようになったのは、米国あたりではこの3年、それに後れを取り、日本ではこの1年くらいといったところだろうか。

 その「購買行動のソーシャル化」がどのような現象かといえば、

(1)SNS、ツイッター、ブログなどのソーシャルメディアが、購買行動に何らかの影響を与えるようになったこと。

(2)上記(1)を背景に、ソーシャルメディア経由でECサイトへユーザーが誘導され、消費が行われるようになったこと。

 これら2つが、大枠的なものだと考えている。

 「購買行動のソーシャル化」は、「ソーシャルコマース」と称されることが多いが、これは特に(2)を指しての表現だ。

 この「ソーシャルコマース」は、現在いくつかの方法論によって構成されている。

(1)既存のECサイトをソーシャル化する

(2)フェイスブックへ出店する

(3)ソーシャルメディアとの連携をベースとして作られたECサイトを活用する

 さらに細分化すれば、その方法論はもっと多岐にわたるが、ここまでよく採択されてきたのは概ねこの3つだ。

Google+独自の道を切り開く、新サービス「ハングアウツ」

グーグルのSNS「Google+」〔AFPBB News

 では、それぞれの概要と現状について整理してみたい。

 まず(1)の「既存のECサイトをソーシャル化する」方法だ。

 これに関しては、「ソーシャルプラグイン」という機能を用いることをもって、すなわち“ソーシャル化”と見なされている場合が多いというのが現状だ。

 「ソーシャルプラグイン」とは、各ソーシャルメディアがECサイトなどの外部サイトに設置できるように提供している機能のことで、フェイスブックであれば「いいね!」やコメント、ツイッターであれば「ツイートする」、ミクシィであれば「イイネ!」、グーグルであれば「+1(プラスワン)」ボタンが代表的だ。

 「ソーシャルプラグイン」の取り扱いは簡単ということもあり、ECサイトをソーシャル化するというと、それらのボタンをECサイトに導入することが、ひとまずの方策となっている。

 ECサイトによるソーシャルプラグインの導入状況は、2011年8月時点で過半数に達しているという調査データもあり、それ以降も急速に進んでいる。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

Kazuya Ogawa

アントレプレナー / デジタルマーケティングディレクター / 著述家
西武文理大学特命教授

小川和也オフィシャルサイトはこちら

慶應義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年グランドデザイン&カンパニー株式会社を創業、代表取締役社長に就任。数々のITベンチャービジネスや、デジタルマーケティングディレクターとして大手企業や行政、アーティスト等の先端的デジタルマーケティング事例を数多くつくり続けている。

ビジネスだけではなく、デジタルと人間や社会の関係の考察と言論活動を行っており、著書、寄稿、講演、メディア出演多数。主な著書に、「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)、日本で初めての概念をテーマとした「ソーシャルメディアマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディア維新」(共著・毎日コミュニケーションズ)、「Facebookマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルブランディング」(共著・インプレスジャパン) など。

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ