「安全」な野菜をスマホで買う時代に

事業の「枠」を飛び出す食品ネット通販

2012.05.02(Wed) 白田 茜
筆者プロフィール&コラム概要

 食品インターネット通販、モバイル通信、コンビニエンスストア。分野の枠を超えた連携が進んでいる。

 NTTドコモは2012年3月19日、安全安心な野菜を宅配する「らでぃっしゅぼーや」を子会社化した。らでぃっしゅぼーやはそれ以前にローソンとも新会社を設立しており、これら3社間の資本提携が進んでいる。

 食品ネット通販のらでぃっしゅぼーや、携帯電話会社として国内最大の顧客を持つNTTドコモ、コンビニ業界2位のローソン。なぜ、このような事業の枠を超えた連携が進みつつあるのか。

通信事業以外に手を広げたいドコモ

 らでぃっしゅぼーやは、「有機・低農薬野菜」「無添加」などのこだわり食品を会員制で宅配している。全国で約2600の契約農家を持ち、独自に企画した商品が約9割に上る。

 このらでぃっしゅぼーやの株の75.74%を公開買付けで取得し、2012年3月19日に子会社化したのがNTTドコモだ。

 NTTドコモは約6000万人の顧客と約2400の販売店(ドコモショップ)を擁する国内最大の携帯電話キャリアだ。しかし、このところ「iPhone」を販売するKDDIやソフトバンクモバイルの勢いに押され気味。番号ポータビリティ制度でドコモから他社への顧客流出も相次いでいる。

 NTTドコモは、異業種との連携を進めて事業領域の枠を広げ、新たな収益源を育てようとしている。そうした新事業での収益を2015年度までに2011年度比で2.5倍の1兆円に拡大する考えだ。

 その一環として2010年4月、NTTドコモは損害保険大手の東京海上日動火災保険と業務を提携。携帯から保険に加入できるサービスを開始した。

 2011年12月には、オムロンヘルスケアとの間で、健康・医療支援サービスの開発・提供を目的とする新会社設立を前提とした業務・資本提携を検討すると発表した。NTTドコモのサービス「ドコモヘルスケア」とオムロンのサービス「ウェルネスリンク」のプラットフォームを活用し、個人がより簡易に健康管理できる利便性の高い健康・医療サービスの提供を目指すという。

 では、食品ネット通販のらでぃっしゅぼーやと連携した狙いは何か。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1978年佐賀県生まれ。佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。