石巻のカキを全国ブランドにする秘策

漁港復興のカギは「6次産業」化

2011.12.20(Tue) 高成田 享
筆者プロフィール&コラム概要

 宮城県が12月になって、東日本大震災で被災した漁港の復興計画を示した。県内に142ある漁港のうち60港を拠点漁港として優先的に復旧し、水産加工や流通の機能を集約化するという。

 2013年度までに整備するというから、拠点港に選ばれたところにとっては、復興のめどが見えたということだろう。一方、選からもれた地域の漁民は、どう生き残るか厳しい選択を迫られることになるだろう。

「すべて元通りの漁港に戻す」のは現実的に困難

 宮城県では、村井嘉浩県知事が提案した「水産特区」を巡り、県漁協が「知事提案は漁民の切り捨てだ」と猛反発したところだけに、知事は「選ばれなかった漁港も最低限の整備はする。漁民を切り捨てるわけではない」と、懸命に説明していた。

 それでもメディアの中には、「切り捨てられる漁民」の声を求めて、集約化で取り残される地域を回ったところもある。

 しかし、集約化が避けられないということを一番よく理解しているのは漁民だろうし、集約化のコストとベネフィットとをよく考えずに、すべての漁港を元のように整備することは財政的にも、地域の経済にも得策とは言えない。

 日本の沿岸部を見ると、三陸海岸に限らず、文字通り津々浦々に漁港が整備されている。こうした漁港が漁民の生活基盤になってきたことは確かだ。

 だが、後継者難、水産資源の枯渇など沿岸漁業を取り巻く環境は厳しい。

 立派な漁港はあるが漁業は衰弱している、というところが多いのは、水産庁の予算の3分の1を、こうした漁港整備に使い続け、持続可能な漁業への施策をないがしろにしてきた結果と見ることもできる。

 そうした歴史を肌で感じている漁民からすれば、「すべて元通りの漁港に戻せ」という要求が困難であることは、百も承知ということになる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1948年生まれ。東京大学経済学部卒業。71年に朝日新聞社に入社。山形・静岡支局員、東京経済部員、アメリカ総局員(ワシントン)、経済部次長、アメリカ総局長(ワシントン)、論説委員などを歴任。96年から97年にかけてテレビ朝日「ニュースステーション」キャスターを務める。定年後にシニア記者として2008年1月より2011年2月まで石巻支局長。2011年4月より仙台大学教授。仙台白百合女子大学非常勤講師、前橋国際大学客員教授。農林水産省太平洋広域漁業調整委員会委員。主な著書に『ディズニーランドの経済学』(共著)、『アメリカの風』、『アメリカ解体全書』(共著)、『榎本武揚』(共編著)、『こちら石巻 さかな記者奮闘記』『話のさかな・コラムで読む三陸さかな歳時記』(共編著)などがある。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。