石巻のカキを北海道に「輸出」、
すくい網の名人が動いた

2011.09.20(Tue) 高成田 享
筆者プロフィール&コラム概要

 そうなると、共同処理場が再建されるまで、被災しなかった別の処理場に持ち込むしかない。しかし、殻付きのままで、かさばるカキを遠くの処理場まで運搬するコストがかかることになるし、共同処理場で働いていた地域の女性たちの冬の現金収入がなくなることになりかねない。

 ニュースでは、カキ養殖の再開の映像がよく流れている。しかし、カキ養殖はその地域の共同処理場とセットで成り立っているわけで、養殖の再開だけを見て復興だと喜んでいることはできないわけだ。

浜の再生に向けて北海道で商談

 そこで須田さんに、そう簡単に殻付きというわけにはいかないと、謝りの電話を入れた。携帯電話の向こうの須田さんは声が弾んでいた。どこにいるのですかと尋ねたら、北海道との答えだった。

 すでに殻付きで全国に出荷している北海道で、殻付きのノウハウを勉強しているのかと思ったら、給分浜から北海道にカキを「輸出」する商談に来ているとのことだった。

 北海道の太平洋岸にはやはり津波が押し寄せ、カキが被害を受けたという。このため、内地からカキを取り寄せようというのだ。もともと北海道には宮城から種ガキを出荷していたが、今回は種ではなくある程度育ったカキを入れて、北海道の海で大きく育てる計画だという。

 ぜひともこの商談がうまくいくことを祈っている。殻付きで出荷する養殖法や販売のノウハウを表浜の人たちも学ぶことができれば、いずれ表浜でも殻付きで売ることができるかもしれない。

 須田さんの話では、表浜の隣の地区に共同処理場が再建設されることが決まったそうで、むき身用のカキはそこに出すことになるだろう、と言っていた。国が進めようとしている共同化、協業化による水産業の再生の一環なのだろう。

 どうしたらいいのかとちょっと前までは悶々としていたというが、今は、北海道との連携で浜の再生に動き出している。天は自ら助くる者を助く。須田さんの話から浮かんできたのは、まさにこの言葉だった。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1948年生まれ。東京大学経済学部卒業。71年に朝日新聞社に入社。山形・静岡支局員、東京経済部員、アメリカ総局員(ワシントン)、経済部次長、アメリカ総局長(ワシントン)、論説委員などを歴任。96年から97年にかけてテレビ朝日「ニュースステーション」キャスターを務める。定年後にシニア記者として2008年1月より2011年2月まで石巻支局長。2011年4月より仙台大学教授。仙台白百合女子大学非常勤講師、前橋国際大学客員教授。農林水産省太平洋広域漁業調整委員会委員。主な著書に『ディズニーランドの経済学』(共著)、『アメリカの風』、『アメリカ解体全書』(共著)、『榎本武揚』(共編著)、『こちら石巻 さかな記者奮闘記』『話のさかな・コラムで読む三陸さかな歳時記』(共編著)などがある。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。